<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

シュテちゃんのこと。。。

0
    ご無沙汰しています。
    シュテちゃんの治療、介護に専念していて、すっかりブログを放置しておりました。
    そんなブログでもアクセスログをみると覗きにきていただく方が居ることにほんとに感謝しています。

    シュテちゃんですが、12月の初旬ころから自力で立って歩るくことができなくなり、
    寝たきりの生活が4か月になりました。
    もともと主治医からは歩くことが出来なくなるかも知れないと言われていたので、
    7月からの5か月間はよく頑張って歩いてくれたと思います。
    変形性脊椎症からくる麻痺が無ければ、もっと動けて楽しく暮らせたと思うと、
    とても悔しいですが、仕方がありません。

    自力で歩けなくなったので平日しかできない免疫療法も受けることができなくなり、
    その後は、丸山ワクチンやビオトーワ療法などの治療に切り替え、
    ゆっくり穏やかな時間を過ごしてきました。

    おしっこは、体が多きので圧迫して出すことができず、
    毎日数回カテーテルを入れて出しています。

    3月半ばくらいからゆっくり食欲が無くなっていくのと同時に、
    浮腫みが出てきました。
    腎臓が悪いのかと思い、いろんな検査をしましたが、腎臓に異常はなく
    癌悪液質によるものだと思います。


    余命100日の宣告を受けてから、月末で300日になります。
    私がシュテをあきらめることが出来ずに居るから、
    引き留めているのもわかっていますが、
    辛くて辛くて諦めることが出来なくて・・・・

    今日はジャパンインターナショナルドッグショーですね。
    若かりし頃のシュテも遠足気分でハンドラーさんのバスに乗って遠征してました。



    私は子供の学芸会気分でシュテのショーを見に行くのが楽しみでした。
    その頃、母を亡くしましたが、元気で居れたのはシュテの存在が
    大きかったと思います。

    まだまだ、一緒に居たいです。














     
    saki * ドッグケア * 18:39 * - * trackbacks(0)

    ワンドック

    0
      文章を書くのが嫌いな私が、珍しく今日はブログ2投稿めです。
      文章を書くのが嫌いな理由は、
      もともと、文系は苦手で文章を書くのが下手なこと、
      そして、文章ってすごく人格が出ると思うんです。
      選ぶ言葉にも’人間性’が出てしまう。
      言葉って剣よりすごい凶器だな・・・と思う事がよくあります。

      心で思う事は自由だけど、それが知らず知らず文章に出てしまう。
      それが、苦手でなかなかブログにたどり着かないわけです。

      しかし、良いと思う事はお伝えしないと・・・

      先日、シュテちゃん前足を痛めまして、前足のレントゲンを撮ったのですが、
      悪いところは無し。。。
      しかし元気が無い、熱も少しだけあるし・・・
      全身調べてもらう事にしました。

      「ワン・ニャンドック」と言うものです。
      急な検査だったのですが、
      主治医の副院長先生、シュテちゃんの検査のために先生を2人確保してくださいました。
      それも、1項目ごとの検査になると費用がかなりかかるから
      ほんとは予約が必要だけど、ドッグ扱いにしてくださったのです。

      検査項目は
      1 体重測定
      2 検温
      3 検便
      4 聴診
      5 触診(体表リンパ節、皮膚病変、腫瘤等、股関節、肘関節)
      6 血液検査(生化学検査、電解質検査、CRP検査)
      7 超音波検査(心臓、肝臓、腎臓、膀胱、脾臓、前立腺(♂)、子宮・卵巣(♀)消化管、その他)
      8 レントゲン検査(胸部、腹部、その他)
      9 耳道検査
      10 目検査
      11 口腔内検査

      これだけの検査項目で、費用は10,800円です。
      レントゲンだけでも7枚あったので。。。一般の検査でこの費用は超えますね。
      超大型犬のワンドックって、先生が大変だし小型と同じ費用では、
      割に合わないような気がしました。
      大きな犬種は、小さな犬種より検査結果として出にくいと
      先生がおっしゃっていましたが、
      続いてアイガー、Elanも検査してもらおうと思っています。

      シュテちゃんの結果ですが、8歳なりの’老化’が見られました。
      いつまでも若若しくて元気いっぱいで居てほしいのですが、
      人間と同じで月日の流れに逆らう事が出来ないのも事実・・・
      無理をせず、長生きできるように
      老いと上手く付き合いながら生活させてあげたいと思います。

      色んな病院で、DOGドック、ワンドックをされていますので、
      健康管理のために1年に1回健康診断を受けてみてはいかがでしょうか?

      写真は、1歳半〜2歳の 若シュテ 











       
      saki * ドッグケア * 16:28 * - * trackbacks(0)

      レオンベルガー アイガー たんぱく質!!!

      0
        先日、「レオンベルガー アイガー 脂肪」の記事を書きましたが、
        今度はアクセスログの検索に「レオンベルガー アイガー たんぱく質」を見つけました。

        今度は「たんぱく質?」何を調べたいんだろう???
        もしかして、「脂肪」と言うのも、アイガーが太ってると言う事ではなく
        栄養素の「脂肪」についての検索だったのかも・・・ 

        と言うことで、一応過去に人間の栄養士の資格も取ってることですので、
        栄養の事を書いてみます。

        アイガーは12月には9歳ですので「シニアフード」の域に入っています。
        「シニアフード」ってどこのメーカーも「低たんぱく・高炭水化物」仕様になっています。
        ですが、最近の研究によると、
        タンパク質には、筋肉や骨の形成や免疫系のサポートに
        細胞の再生・酵素の活性化などの重要な役割があり、
        その機能は年齢を重ねるごとに低下するため、
        老犬ほどタンパク質をたくさん取ることによってその機能を補う必要がある。
        老犬は、筋肉が落ちやすく付きにくくなっていくが、
        タンパク質を摂取することによって筋肉や骨・心臓などの臓器の
        老化を穏やかにすると言う事がわかっています。

        最近は、人でも老人の新型栄養失調と言うのがあるらしく、
        国民栄養調査にようと、70歳以上の老人の5人に1人は該当するらしいです。
        血中アルブミン量(タンパク質)が低く、
        これが低下すると体の機能がどんどん衰えてくるそうです。
        老人になると食べてるつもりでも、好みや食べやすさの理由で
        タンパク質の摂取量が減って行ってしまっているのだと思います。

        我が家では、老犬ななったらシニアにすると言う考えではなく、
        内臓もまだまだ元気ですので、基本的に高蛋白フードを与えています。
        高蛋白・高脂肪・高カロリー食は、老犬にとって負担がかかる事もあるので
        低脂肪・低カロリー食に加え、肉やアミノ酸サプリなどで良質タンパク質を
        補うようにしても良いと思います。


        今日は、若かりし頃のシュテちゃんです^^♪










        saki * ドッグケア * 12:03 * - * trackbacks(0)

        ドッグフードランキング

        0
          ワンコ達のご飯について、悩んだ事はありませんか?

          体をつくる時期は、生食+フードやバーフ(冷凍生食)を食べさせりしていましたが、
          現在は、フードをメインにトライプ(缶詰)やサプリをプラスしています。

          アメリカでは、ドッグフードランキングと言う物があり
          とてもたくさんのフードを6ツ星や5ツ星で評価をしています。

          フード選びのひとつの参考になると思いますので
          興味のある方は是非見てください。

          よく売れてるフードのランクに驚いていまします。

          http://www.dogfoodanalysis.com/dog_food_reviews/

          http://www.dogfoodadvisor.com/


          フードの成分表は、原材料の使用量の多い順で書かれています。
          我が家では、タンパク質が主成分でも、「鶏肉粉」や「何々ミール」が一番多いのは避け、
          きちんとした肉を使用しているものを選んでいます。

          そして、添加物は言うまでもなく、ペットフード安全法で規定されている添加物等の基準規格
          に該当している成分が含んでいないものを選ぶようにしています。

          これを見る限りは、我が家で使用しているフードは、それぞれ最高ランクに入っているので、
          選びかたは、そんなには間違っていないのかな・・・と思っています。

          毎日、口にするものなので、色んな情報を得るようにして
          我が子達にとってなるべく良いものを選んで行きたいと思っています。




           
          saki * ドッグケア * 22:11 * - * trackbacks(0)

          酵素について

          0
            今、酵素ダイエットが流行ってますね!!

            食に詳しい知りありから、
            痩せたいなら消化酵素が含まれる生野菜から食べましょうと教わってから2年・・・
            なかなか実行できず、体重は増えるのみ><
            食べる順番を変えるだけでも痩せれるようですね!


            そうしている内に、世間では酵素ダイエットが流行りはじめました。。。
            何だかお値段が高いそうで、
            「犬にやったら買えるけど、そんな高いもん自分が飲むのに買われへんな!!」
            と断言するたびに、皆さん「この人何言ってるの?」と言う顔に変わりますね><

            そう、犬のためやったら、何でも買えるんですけどね。。。。
            今もお犬様用に買ったすっぽん粉末、少し頂いて飲んでます。

            「それなら、犬に買ってあげて、分けてもらったら良いじゃないですか?」
            って言われるんですが、3頭と1人で飲むとすぐ無くなるし・・・
            酵素ドリンクはやっぱり買えません。

            犬の酵素に
            私は、トライプをあげています。

            狼は、獲物を食べるときにまず内臓から食べます。
            これは内臓に酵素が含まれるのを本能でわかっているからだそうです。

            トライプを食事の前かトッピングするようになってから、
            胃腸のトラブルが減ったように思います。

            季節の変わり目なども病院に行くようなひどい下痢は起こさなくなりました。
            下痢になっても、1回絶食すれば治ります。

            トライプをわけてもらうわけにいかないし、
            健康診断で体重計に乗るのが怖いです。。。。。














            saki * ドッグケア * 16:15 * - * trackbacks(0)

            解毒

            0
              今日は、良いお天気ですね♪
              午前中は、ずっと外で遊んだので、眠い顔のElanです。



              しばらく、私の顔を見ていたのですが、寝てしまいましたzzz



              ところで、この美味しそうでないもの↓ 何だかわかりますか?



              ヨーグルトに食用の竹炭を入れてみました。

              まずそうですが、竹炭は無味無臭で、普通にヨーグルト味でした^^

              昨日、デパートで偶然に見つけて即買いしたのがこれ↓



              ワンコ達の解毒のために探していたのですが、
              効果が大きいので私も頂くことにしました♪

              主な効果は、
              ・体内の毒素を吸着し排出
              ・遠赤外線効果とマイナスイオン放出で腸内環境改善
              ・豊富なミネラルをバランスよく含む


              他にダイエット効果があるとか、下痢に効くそうです。
              ワンコのうんちの香りも軽減されるそうです。



              効果があれば、報告します♪




               
              saki * ドッグケア * 14:13 * - * trackbacks(0)

              ビタミンCを考える

              0
                我が家のワンコ達のマイブームは、木のみかんを取って食べること・・・
                Elanなんて、器用にちゃんと皮を剥いて食べます><

                ビタミンCが取れるし、まっ良いか〜って軽く考えていたのですが・・・
                ん???この子達、欲してるのかも?ビタミンC

                動物なので、ミネラルが不足したら土を食べるし、胃が悪かったら草を食べるように、
                この子達、みかんが大好物なわけでもないし、足りてないんじゃないのか?と考えたわけです。

                「犬 ビタミンC」で調べてみると、たくさん興味深いものが出てきます。

                昔は犬の体内で作られるから必要ないとされていたビタミンC、
                実は、ものすごく大事なものだとわかってきたようです。

                すぐに、食べてるフードを見て、驚きましたが、キロ当たり500グラム程度しか入ってないし、
                こら足らんやろ・・・と思いました。
                生肉食が多い時は、もちろんビタミンCもサプリで補給しているのですが、
                つい、忘れてしまうと言うか、ずっと続かないんですよね><
                心を入れ替えて、良いものは続けようと思います。



                興味深いもの・・・・
                こんな事が書かれていました。

                多くのものに、
                ビタミンC不足が不足すると;股関節形成不全・膀胱炎・膀胱結石・心臓疾患・膵臓疾患・呼吸器疾患・椎間板ヘルニア  などの原因になる」と書かれています。

                また、癌の予防にも効果があると書かれています。

                そして、私が最も興味深かったのは、
                ビタミンCと股関節形成不全との関係を研究した
                記事でした。

                先天性股関節形成不全の母親から生まれた8頭のジャーマンシェパードの子犬で実験では、
                母犬の妊娠中から大量のビタミンCを投与し、生後2年まで段階的にビタミンCを投与し続けた結果、この8頭及びその子孫は股関節形成不全になることは無かったということです。

                恐るべし、ビタミンC様!!!

                今日も、みかんをもいで食べてる3頭を見ていて、
                ひとつ賢くなった感じです。

                ティーちゃんは、ビタミン剤もおやつだと思ってポリポリ食べます♪









                saki * ドッグケア * 00:05 * - * trackbacks(0)

                タンパク質

                0
                  犬も人と同じで、タンパク質は、生命活動を維持するために欠かせない栄養素!
                  タンパク質は、 筋肉・爪・皮膚・臓器・毛髪・血液・酵素・インシュリン・脳下垂体ホルモン・免疫抗体・遺伝子など、様々な部分を構成していて、欠けるといろんな所に支障を来します。



                  もうすぐアイガーが8歳ということもあり、
                  食事の見直しをした方が良いのではないかと、あれこれ考えていますが、

                  調べてみえると、シニアフードのタンパク質量の少ないことに驚きました。

                  18%、19%といった低たんぱく質のものが多くあります。
                  (犬のタンパク質の最小必要量がそのくらいです。)

                  一日500グラムのフードを食べて、90グラムのタンパク質。。。
                  今まで、高蛋白食の上に、生肉まで食べてるのに、
                  年を取ったからって、それは無いんじゃないかな・・・・と

                  高蛋白を推奨しているところでは、
                  犬は歳を取るにつれて、栄養素を利用する能力が落ちていく、老犬はたんぱく質の体内貯蓄を維持するために、若い成犬よりも多くのたんぱく質を必要としていると言われているようです。

                  そんなわけで、しばらくは今のまま
                  タンパク質に重きを置いた食事を続けようと思います。




                  白いお髭をカットしないと、おじいちゃんのアイガー



                  saki * ドッグケア * 21:22 * - * trackbacks(0)

                  お水

                  0
                    体にとって大事なお水・・・・
                    ほんとに2リッター飲んだら良いことあるの?って思い・・・
                    2週間ほど前から主に朝に水を飲むことを心がけるようになりました。

                    水の効果については、いろいろと言われていますが、主なものは・・・
                    ・ダイエットに効果がある。
                    ・老廃物を出す。
                    ・脱水による疲労症状等を防ぐ。
                    ・ガンや心臓病のリスクを低くする。
                    ・お肌がきれいになる。
                    等・・・

                    ダイエットに効果はあるかどうかはわかりませんが、
                    私は脱水だったのか夏バテだったのかわからないけれど、
                    体のだるさは確実に軽減された感はあります。

                    同じ哺乳類なんだから、犬や猫にも適正な水の量をあげないといけない?
                    と思ったのは、犬友達と話してて、
                    「犬や猫の結石には、どれたけ水を飲ませることができるかだ!!!」
                    と意見が合ったこと。
                    うちには重度の尿道結石で、数ヶ月に1回、石で尿道が詰まるにゃんこがいますが、
                    どんな処方食を食べさせても結果は同じでしたが、
                    水を飲ませるご飯の食べさせ方をしてからは、一度も石が詰まったことがありません。
                    友達のワンコも同じで、水を飲ませると石が出てきたそうです。

                    犬の必要な水分摂取量は、
                    ・132×体重kgの0.75乗
                    ・体重kg×50ml〜60ml

                    などと言われています。

                    そんなに摂取できているかと言うと・・・・必要な量まで達していないような気がします。
                    結石を防いだり、代謝を正常にしたりする大切なお水を飲ます工夫をしないと・・・













                     
                    saki * ドッグケア * 00:14 * - * trackbacks(0)

                    グルタミン

                    0

                      前回、アイガーの下痢の事を書きましたが、
                      お蔭さまで、アイガーは、1日絶食ですっかり快復しました。



                      アイガーが我が家に来た頃、
                      環境の変化でキャンピロバクターが腸内で増殖してひどい下痢を起こしましたが、
                      こういう子犬の下痢は、絶食では治らないし、
                      栄養素が出てしまい大変なことになりますので
                      ほんとに子犬の下痢には注意が必要です。

                      今日は、グルタミンについて書きます。
                      グルタミンとは、カラダに最も豊富に含まれるアミノ酸のひとつで、
                      胃腸や筋肉などの機能を正常に保つために必要なアミノ酸です。

                      効果は、
                      ☆腸炎・胃炎などの症状の緩和(臓器の傷を修復する作用があるようです)
                      ☆免疫力を上げる
                      ☆痛んだ筋肉を修復する(外科手術の快復がはやいそうです)
                      ☆肝臓を守りアルコールの代謝を高める働きをもつ
                      など・・・

                      我が家のワンコたちは、必要なときにはサプリでグルタミンを補うようにしています。







                      で話は、全然変わりますが・・・・・・
                      5・18〜20に、オーストリアでワールドドッグショーが開催されます。
                      http://worlddogshow.oekv.at/home.html?L=1

                      フィンランドのティーのパパのNAMUPALAN KENNELも15日からオーストリアに行くそうで、
                      活躍を楽しみにしています。

                      2年前にデンマークで開催されたワールドドッグショーに行きました。
                      明日は、その時の写真を載せますね。










                      saki * ドッグケア * 15:52 * comments(0) * trackbacks(0)
                      このページの先頭へ